質問:体験レッスンはありますか?  また料金はおいくらになりますか?

回答: はい。 用意しております。 体験レッスンの費用は、2000円を頂戴しています。
レッスン当日に、直接、講師側へお渡しください。


質問:毎月のお月謝はどのようにお支払いしたらよいですか?

回答: 当スクール指定の口座までお振込みいただいております。
尚、ご希望があれば、自動振込みのご案内も可能です。


質問:レッスンの日程はどのように決定されますか?

回答: レッスンは、担当の講師と直接に話し合いの上、 生徒様ひとりひとりのスケジュールに合わせて決めていただけます。 通常、1回ごとにその都度決めていただいております。


質問:突然の体調不良や、諸事情で、 レッスンを欠席しなければならない場合、振り替えレッスンは行っていますか?

回答: はい。 無断の欠席や当日の欠席連絡以外については、 原則、振り替えレッスンを行っておりますので、 欠席の必要がございました際には、できるだけ早めに担当の講師まで、ご連絡ください。


質問:レッスン日の変更は可能ですか?

回答: はい。 可能です。 担当の講師と話し合いの上、ご都合のよい日程を、改めて設定してください。


質問:こちらのスクールは、 音楽関係の会社が運営しているとのことですが、具体的にどのようなことをしているのですか?

回答: スクールの運営の他、音楽の制作、留学のサポート、レーベルの運営、イベントの実施、 それから、楽譜、メディアの出版を行っております。 詳細は、オリホトーン・ミュージックエンターテイメントのウェブサイトをご覧ください。


質問:留学に際して、エッセイの英訳をお願いできますか?

回答: はい。当スクールでは、バークリー出身者、または、完全なネイティブの担当者のみが、 担当いたします。それは、エッセイの表現について、様々な言い回しがある中で、 最も、生徒様の伝えたいことを選択する必要があるためです。 原則、TOEICのスコアを850〜900点以上獲得しているものが担当いたします。どうぞ安心してお任せください。


質問:こちらのスクールを利用してバークリー音楽大学へ留学する場合、 どんなメリットがありますか?

回答: まず、受験生を担当いたしますのは、全てバークリー音大出身の講師ですので、 現地での生活や細かなことなどを、より具体的に相談することもできるでしょう。  また、講師自身が、先輩になります。受験のコツや、傾向と対策、英語での会話などについて、 より具体的なアドバイスが可能です。 それから、実際にバークリーで使われているものと同じマテリアルを使用することも可能なので、 同時に、入学後にあるクラス分けのテストの対策をすれば、 最大でおよそ150万円(2011年11月現在)ほどの節約が目指せます。


Orihotone Music Schoolへのご質問、お問い合わせは、こちらからもどうぞ。

Facebookをお使いの方は、以下のコメントボックスより、直接にご質問いただけます。

気になる楽器のアイコンを、クリックしてください!

専攻楽器

  • ボーカル
  • VOCAL
  • ギター
  • GUITAR
  • ベース
  • BASS
  • ピアノ
  • PIANO
  • ホルン
  • FRENCH HORN
  • サックス
  • SAXOPHONE
  • フルート
  • FLUTE
  • ドラムス
  • DRUMS
  • DTM
  • DTM

正当なCSSです!

Valid XHTML 1.0 Transitional

RSS